のんびり浸かって命の洗濯!国内でおすすめの温泉地域

全国でも有数の名湯が揃っている関東地方

日本は世界屈指の温泉大国と言われていて、北は北海道、南は沖縄まで全国各地で温泉が湧き出ています。その中でも特に人気が高いのが関東地方です。
関東地方には17種類にも及ぶ豊富な温泉が特徴の箱根や、国内有数の名湯と言われている草津などたくさんの温泉地が存在します。人気の理由の一つが利便性の高さで、関東地方はどの温泉地も都心から気軽に行くことができるのが魅力です。場所によっては公共交通機関を利用すれば片道1時間前後で行くこともできるので、日帰りで温泉だけを堪能するという楽しみ方もできます。

美しさと豊富な湯量で知られる九州地方

関東地方と並んで人気が高い温泉地が九州地方になります。九州地方には誰しもが一度は耳にしたことがあると言われるほど有名な別府温泉や、豊後富士とも呼ばれる由布岳の美しい景色を眺めながら入ることができる湯布院があります。そのほかにも、一般的な湯に浸かる形ではなく砂に埋もれる天然砂蒸し温泉の指宿など、王道から個性豊かな物まで色々楽しめむことができます。

温泉の歴史を語る上で外せない四国と中国地方

温泉を目的とした旅行で忘れてはいけない候補地の一つが四国と中国地方です。中でも愛媛県の松山市にある温泉は神話の時代から3000年もの長きに渡って存在する国内最古の温泉として知られています。そのほかにも、平安時代から続く島根県の玉造など、この地域は日本の温泉の歴史を語る上で外すことはできません。
中国や四国は国内のどの地域からもアクセスがしやすいことから、全国から温泉を目当てに足を運ぶ人も多いと言われています。

ヤートラルートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です