富山県が誇る絶景!自然を満喫できる観光スポット

圧倒的な水量を誇る黒部ダム

黒部ダムは富山県立山町にあり、地面からえん堤までの高さは186mと日本一の高さを誇ります。幅492m、総貯水量は2億トンと日本屈指のダムとして知られています。そんな黒部ダムの一番の見どころが、毎秒10t以上の水が放水される大迫力の観光放水です。この放水を見るためのスポットが、えん堤を見上げられる位置に設置してあるレインボーテラスです。ここでは放水の様子を間近に楽しめます。また、一番高い位置から放水を見られるのがダム展望台です。放水はもちろん北アルプスの山々も一望することができます。

トロッコに乗って自然を満喫できる黒部峡谷

黒部峡谷は日本三大峡谷にも数えられる自然を満喫できるスポットで、富山県黒部市の黒部川中流から上流に位置します。黒部峡谷ではトロッコ電車に乗ってさまざまな自然を楽しむことができます。その一つが、高さが60mもある急峻な谷です。谷にかけられた後曳(あとびき)橋からは、60m下を流れる美しい渓流を眺められます。また紅葉の時期には、鐘釣(かねつり)橋一帯の錦繍関(きんしゅうかん)と呼ばれるエリアで、色鮮やかな山々をトロッコから楽しむことができます。

10mを超える大迫力の雪の壁が見られる雪の大谷

雪の大谷は、富山県立山町から長野県大町市まで続く立山黒部アルペンルートにある、標高2450mの立山室堂平付近に位置しています。豪雪地帯の吹きだまりになっているこのエリアは積雪が特に多く、深い所では20mを超えることもあります。そんな雪に埋もれた場所をブルドーザーで掘り進んでいくことで深い雪の中に道が開け、雪の大谷と呼ばれる巨大な雪の壁が姿を現すのです。雪の大谷はバスから眺めるだけではなく歩いて楽しむこともでき、道の両脇にそびえる10m超の雪の壁を間近に見れば圧倒されること間違いなしです。

ヤートラルートについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です